ゼネコン様
工務店様
ハウスメーカー様
 当社はこれまで、多くの打放し建造物を補修して参りました。
それは、美術館、大学、病院、データーセンター、寺院、高級住宅、高級マンション、リゾート住宅、高速道路の橋脚、トンネル、と様々な打放しの建造物、構造物を経験しています。この経験が今後どのような難しいと思う補修も出来るという自信につながっています。
まずはお気軽に電話またはメールにてお問い合わせ下さい。
設計事務所様
建築家先生様
 打放し建築を設計される建築家先生方にとって、打放しはその意匠表現に於いてメインと成るものです。
ですが、どうしても打放し仕上げの出来具合は時の運に頼る側面も多く、補修が必要な状況の時、その仕上がりはまったくもって補修する職人に全てを委ねる事になります。
きっと先生方の多くに、希望の仕上がりとはまったく違ったという、とてもつらい経験をされた方も多いと思います。
当社では、創業以来多くの建築家先生方から常に期待以上の評価を得て参りました。
仕上がりのイメージをしっかりと汲み取り、期待以上の仕上がりをしてみせます。
まずはお気軽に電話またはメールにてお問い合わせ下さい。
営業会社様 下請けを何社か抱えてはいるが、現場量が多くこなしきれない。
いまいる下請けでは、仕上がりがいまいちだ。
パネコート補修が出来る職人はいるが、本実補修が出来る職人がいない。
上記等でお困りの営業会社様、まずはお気軽に電話またはメールにてお問い合わせ下さい。
個人様
エンドユーザー様
ご自身の自宅や不動産が打放しの建物だが、改修や補修をしたくても良い補修業者がみつからな。
そんな個人様、エンドユーザー様、まずはお気軽に電話またはメールにてお問い合わせ下さい。
塗装屋さん 塗装業を営んでいると、打放しのクリアー塗布を経験されている塗装屋さんは多いかと思います。
ですが、ジャンカやクラック、コールドジョイントや打放し模様のムラの色合わせを見よう見まねでしてはみたものの、まったく上手く行かず、かえって現場の雰囲気を悪くしてしまったという経験をされた方も多いかと思います。
だけどクリアー塗布は請け負いたい。
そんな塗装屋さんに、当社は色合わせのみを担当させて頂いてもいます。
まずはお気軽に、電話またはメールにてお問い合わせ下さい。
左官屋さん 左官屋さんも塗装屋さんと同様の経験をされた方も多いかと思います。
まずはお気軽に、電話またはメールにてお問い合わせ下さい。
石屋さん 当社は、メインの打放し補修の他に石材やタイルの補修もしています。
施工中に石材の角が欠けた、ヒビが入った、等お困りの方はまずはお気軽に電話またはメールにてお問い合わせ下さい。

 

当社へのお問い合わせ、ご意見、ご要望は以下のフォームからお願い致します。
お電話でのお問合わせは03-4485-1203へお願い致します。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お選び下さい (必須)

会社名 (必須) ※個人様、エンドユーザー様以外ご記入下さい。

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

ご相談やメッセージをご記入下さい(必須)