ベニヤで打設した仕上がりの為、補修が不要な部分も非常に味のある仕上がりの壁でした。
補修が必要ない部分に合わせ、ジャンカになってしまった部分をベニヤ独特の味ある色合わせをしました。


総シゴキされていた壁を、ベニヤ打放し風に描きました。


ジャンカを補修しました。


手摺壁を全面的に補修しました。


部分的に剥離してしまった所を補修しました。


ジャンカを補修しました。


階段裏のベニヤを脱型したら、黒くなってしまっていたので、ベースカラーを塗布した後にベニア調に復元しました。


打設時に圧力で膨れ上がってしまった部分を斫り機で斫って左官補修した後、色合わせしました。