【コンクリート補修】木目本実打ちっ放しコンクリート補修しました。

某施設の名称を表記する為の、本実型枠で打設した構造体でした。

写真の様に斜めにした意匠の為、生コンクリート内の空気が上部から抜け出ようとてピンホールが全面的に発生してしまい、木目が殆ど表出していませんでした。そのため、全面的に左官補修して打ちっ放し風に木目を描きました。

工務店の担当者様は本実補修は初めて見るとのことで、木目を描く工程では次第に描かれていく木目にとても驚かれていました。