【動画】打ちっ放しコンクリート濡れ色合わせ工法について

某所橋脚打ちっ放しコンクリートの色合わせ補修をしました。

 

通常は塗料を使用して色合わせを行い、全面的に撥水剤を塗布する為、雨に塗れても濡れ色になることは有りません。

しかし、あくまで部分的な不具合を補修するだけで良い橋脚は、ほとんど撥水剤を塗布することは有りません。

そこで問題なのが、雨が当たると補修してい無い箇所が濡れ色に成る為、補修した箇所は塗料で色合わせをしいるので変色すること無く白っぽく浮き出たように見えてしまい、いかにも補修した箇所がバレバレで美観も非常にみっともないことになります。

そこで弊社は長年培ってきた経験を元に、補修箇所も濡れ色になる工法を発明しました。

濡れ色になる色合わせの最大の弱点の一つに、補修箇所が雨に当たると白華するのですが、それをも完全に克服しています。

コンクリートやモルタルで仕上げた外部駐車場の土間のクラック補修、色ムラ補修なども、この工法をそのまま用いることで雨に当たった時濡れ色になり、補修箇所が目立つこと無く色合わせ補修が可能です。

 

※動画は、色合わせ補修をした箇所に水を掛け濡れ色に成っている状況です。