小幅なレンガとコンクリートで造られた壁の補修をしました。

蛇腹配管内に溜まった雨水が凍って膨張したため壁を押し出し剥がれてしまった部分を接着し、接合部分を補修材で成形した後、色合わせしました。