Q.見積もりはどのくらいか?

A.当社では、打ちっ放し補修の場合クリアーは請負で、左官補修・色合わせ補修は常用とさせていただいております。
理由として、クリアーは全面的にただ塗るだけなので㎡単価を元に見積もりを出せますが、
左官補修と色合わせ補修は、補修の程度や、求めるレベル、または施工が進むにつれお施主様や設計先生からもっと綺麗にして欲しいとの要望が多く、見積もりを出しても変更変更で見積もりにならないためです。
具体的な金額は、お気軽に電話、メールでお問い合わせください。

Q.クリアーは主に、どのメーカーの何という材料を使うのか?

A.以下のメーカーの材料を主に使用しております。
大日技研:ランデックスコート
セントラルコンクリート:ポルトガード
その他
菊水化学工業:アクアベール
SK化研: セラミクリート
フッコー:ナノシリコンコート
※ご要望によりどの様な材料も対応させて頂いております。

 Q.日本全国どこへでも行けるか?

A.交通費、宿泊費などを考慮して頂ければ日本全国どこへでも行きます。

Q.不要なピーコンだけを消すことは出来るか?

A.出来ます!
打ちっ放し自体はとても綺麗に打設できたが、施工上どうしても意図しない場所に出来てしまったピーコンだけを目立たず自然な感じに消して欲しいと言う要望はよくあります。
当社では、お客様の期待以上の仕上がりにしてみせる自信があります!
※設計先生が、ピーコンだけをここまで消すことが出来るのかと大変驚かれていました。

Q.クラックだけを綺麗に消せるか?

A.出来ます!
他の補修屋さんにクラックだけを補修してもらったら、クラック以外の綺麗なところまで弄られてしまい、しかも大きなミミズでも這ったかのように成ってしまった。なんとかならないか、というご相談もよくあります。
当社では高い職人のテクニックにより、クラックのみを消して見せる自信があります!
id=”1229″]・
 

Q.鉄扉をパネコートや本実のように仕上げられるか?

A.出来ます!
これもよくあるご要望で、打ちっ放しの壁に設けられた扉を打ちっ放し風に仕上げて欲しいと言うものです。
塗料さえ乗る材質のもでしたら、どの様な物も打ちっ放し風に仕上げられます。
※本実の打ちっ放し壁に設けられた鉄扉に、打ちっ放し壁との一体感が出る様に本実風に形りで描いたものです。
ここまで出来るのかと、お施主様、設計先生、現場監督様、皆大変驚かれていました。